はんこ豆事典

日本におけるハンコの歴史-はんこ豆事典

現存する最古の印

日本ではいつ頃からハンコが使われるようになったかということはそれを裏付ける確かな資料がないため定かではありませんが、現存する日本最古の印は現在、国宝に指定されている『漢委奴国王』の金印で、天明4年(1784年)筑前国糟屋郡志賀島(現在の福岡県福岡市東区志賀島)で発見されたものです。後漢の光武帝が中元2年(57年)に日本の『倭奴国』に金印を授けたという記録が『後漢書』にありますが、まさにその印であるといわれています。

漢委奴国王
漢委奴国王かんのわのなのこくおう
金印

印章制度の始まり

中国の官印(役所で使用される印)の制度が日本で整備されたのは奈良時代で、大宝元年(701年)律令制が整ってからだといわれています。日本で初めて種々の公印(公務で使用する印章)が製作され、下記の4種類(内印・外印・諸司印・諸国印)に大別されます。

天皇御璽
天皇御璽てんのうぎょじ
天皇の御印章である内印
太政官印
太政官印だいじょうかんいん
律令制の最高国家機関の官印である外印
内侍之印
内侍之印ないしのいん
役所や役人にあたる諸司印
大和国印
大和国印やまとこくいん
「筑前国印」などの諸国印

私印の始まり

私印(当時は家印をさし、個人の印章)は奈良時代後期に発生し、当時はまだ原則的に私印の製造、使用は禁止されていましたが、公印に準ずる印として『軍団印』『郡印』『寺社印』などがありました。

大神宮印
大神宮印だいじんぐういん
伊勢神宮の印
法隆寺印
法隆寺印ほうりゅうじいん
法隆寺の印
薬師寺印
薬師寺印やくしじいん
薬師寺の印
東大寺印
東大寺印とうだいじいん
東大寺の印

官印制に代わる花押の始まり

平安時代中期から末期のかけて、官印がほとんど使われない時代があり、代わって花押(かおう)が広く用いられるようになります。花押は公家、領主、武将などが用いたもので、一般庶民はなお拇印、爪印などを文書に押していました。

豊臣秀吉花押
豊臣秀吉花押
徳川家康花押
徳川家康花押
武田信玄花押
武田信玄花押

戦国武将の印

時も戦国時代に移り、戦国武将は花押と併用して私印を盛んに用いるようになりました。印文にもそれぞれ趣向をこらし、権力と威厳を表現しようとしました。織田信長の『天下布武』の印、上杉謙信の『地帝妙』、豊臣秀吉の『豊臣』の印、徳川家康の『福徳』の印などは有名です。

武田氏の竜の印
武田氏の竜の印
織田信長の印『天下布武』
天下布武てんかふぶ
織田信長の印
北条氏の虎の印『禄壽應穏』
禄壽應穏ろくじゅおういん
北条氏の虎の印
豊臣秀吉の印
豊臣秀吉の印
(刻字不明)

現在の印鑑制度

以来時代の変遷とともに、一般庶民の生活にも深く浸透していったハンコは、明治6年(1873年)10月1日、太政官布告で署名のほかに実印を捺印する制度が定められました。ハンコが正式に市民権を得た日を記念して、10月1日が『印章の日』となりました。

キャラクター